英文長文読解 短期集中 個別指導 弱点克服
KVC Tokyo 英語塾

                               





























































http://www.freecollocation.com/
Online Oxford Collocaton Dictionary
無料で利用可能



https://play.google.com/store/apps/details?id=com.idiotsapps.oxford.collocation.dictionary&hl=en_US
google play から240円で購入できます。






























































































































































































































































 塾長のコラム 2019年5月15日  『collocation の話








collocation の話


2019年5月15日

皆様、KVC Tokyo 英語塾 塾長 藤野 健です。

 英単語の暗記のコラムで collocation コロケーションについては1つ1つ覚えていくしかない旨を書きました。形容詞 essential の叙述用法では  to  be essential  to or  for something の類いですが、rain に関しても  hard rain 豪雨 とは言いますが  strong rain 強雨とは言いません。collocation とは英語話者には自然だと感じられる言葉の組み合わせ、慣用的表現のことです。言葉は単語1つずつではなく、1まとめの慣用的表現として覚えると、上達が大変早くなると思います。

 web 版のケンブリッジ辞典では、


https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/collocation

collocation の定義

@ collocate a word or phrase that is often used with another word or  phrase, in a way that sounds correct to people who have spoken the

language all their lives, but might not be expected from the meaning:

In the phrase "a hard frost", "hard" is a collocation of "frost" and "strong" would not sound natural.


@その言葉の話者が生活全般で普通に使う、正しく聞こえる単語やフレーズの配列。しかし言葉の意味の上からはその用法は期待されないかもしれない

a hard frost もの凄い霜の表現で、hard はfrost のコロケーションであり、strongはどうも自然には聞こえないだろう



とあります。

因みに to collocate 〜は 「〜を(一定の順序に)配列する」の意です。








How to use COLLOCATIONS (GREAT Explanation !)

A good way to learn a language is by learning words in groups.

In this lesson Marc will explain the different types of collocations

in the English Language by giving easy examples.

https://youtu.be/4YuBS3F0XGc


大変分かり易い説明です。日常会話の多くの部分が coloocation の組み

合わせから構成されている様に見えます。逆に言えば collocation の組み

合わせを覚えてしまえば、半分上の空でも、政治家のそつない挨拶の類い

がスラスラ口から出て来そうにも思えます。




Collocations in English - Learn English Vocabulary

Oxford Online English

In this lesson, you can learn about collocations in English. But, what are

collocations? Collocation means that some words fit together, and other

words don’t. In this class, you’ll learn about common collocations in English,

how to learn and remember collocations, and why you should focus on collocations

as part of your English study. Don't forget to leave us a comment and practice!

https://youtu.be/CqRloBkyqQs


コロケーションを覚えることが英語を滑らかに自然に話す上達の鍵

であると強調されますが、塾長も全くその通りと思います。状況ごとの

手本文を探し出してコロケーションに注目しながら読み込んで頭に入

れると良さそうです。誰かコロケーションで固めたテキストを作って販売

してくれたらと思います。






 @で「言葉の意味の上からはその用法は期待されない」とありますが、frost 霜が冷蔵庫の製氷皿にびっしり付いていれば、程度が強烈の意味ゆえ本来 strong を使うべき筈が、慣用的では無く違和感があるとされ、硬さが硬いとの hard と組み合わせる、との意味です。別に霜が硬そうに見えると意味で使う訳ではありません。英語に限らず、日本語でも  collocation は幾らでも存在します。

 英会話に於いては、あまり collocation に拘ること無く、烈しい雨なら思った通りに(論理的表現として) strong  or thick rain と言っても相手は理解してくれますので、躊躇せずに話すことが大切で、相手に指摘して貰うなどして次第に正しい collocation を覚えて上達させていく方針で良かろうと思います。しかし、formal な英文を書く時は、あまり broken ですと教養の程度を疑われてしまいますので、例えば collocationdictionary をその都度紐解くなどして正しい(正しい=慣用的)言葉の組み合わせを確認して書く習慣を、最初から身に付けて下さい。まぁ、セルフ英文校閲を掛ける訳ですが、collocation のウラを取りながら英文を書き進める習慣は、英語の実力を格段に引き上げて呉れるでしょう。







Simple English Videos  

Do we say different to or different than? Or do we say different from?

https://youtu.be/0ycUP-EZWeY

男性の米国英語と女性の英国英語の発音の差が歴然ですね。






 collocation の揺れ動きの例としてweb 上で be different の用法がしばしば採り上げられます。学校では  be different from しか習いませんが、実際の会話では、be  different  than や be different to も頻用されます。


https://dictionary.cambridge.org/ja/grammar/british-grammar/different-from-different-to-or-different-than

Different from, different to or different than?


The adjective different means ‘not the same’. When we compare two  or  more items, it is usually followed by from. We also use different to,  especially in speaking:


   Adam is so different from/ to his brother.

   This house is very different  from/ to your last one.


In American English it is also common to say different than:


   This tea tastes very different than the one I usually drink. (or … very  different from/to the one I usually drink)


In British English, people often say different than before a clause, but  many speakers consider this to be incorrect:


   His accent is different now than before he went to Australia. (or …  different now from before he went to Australia.)


 形容詞 different は「同じでは無い」の意味ですが、2つまたはそれ以上の物事を比較する時には、普通は from を従えます。特に(英国での)会話には  different to も用います。米国英語では、different than と言うのも一般的です。英国英語では、節(主語と述語からなる文章のこと)の前に  しばしば  defferent  than と言いますが、多くの話者はこれは間違いだと考えます。










 His accent is different now than before he went to Australia.

彼のアクセントはオーストラリアに行く前とは違っている。


この表記は誤りだと考えられる訳ですね。


正しく書けば、

His accent is different now from before (the time when) he went  to  Australia.

 ならOKと言う訳です。


Thing are much defferent than we expected three years ago.

 は避けて、

Things are much different fom the conditon that we expected three yearsago.  

 3年前に期待していたのとは状況は全然違っている。

Things are much different from what we expected three years ago.  

(この場合 what = things)


be different from the fact  (situation, etc.) that 〜

be different from the  time  when 〜

 などの様に、間に適当な言葉を補えば、後ろに節を添えても文法的には正しくなります。


 因みに、

 The tower was much taller than I had imagined before.

塔は想像していたのよりずっと高かった。

 You should not make more money than is needed.

必要以上の金儲けはするな。

 共に比較級の普通の文章ですが、これらのthan は関係代名詞 which に比較の気持がプラスされたものであり、疑似関係代名詞と呼称します。


 会話ではOKですが、書き言葉では、different than の使用は止めた方が良さそうです。